コーディネーター

地域

42地域おこし協力隊は行政と地域のつなぎ役

「半分、行政、半分、民間」 よく地域おこし協力隊はこう表現される。 行政に身を置きながら、地域の中で事業をし、3年後は自立をする立場だからだ。 当然、地域の方との関わりと同じくらい行政のとの関わりが大きい。 役所に自分のデスクがあり、そこから毎日地域に向かう場合もあるだろう。
地域

37行政は隊員と地域の間に立つコーディネーターとしての役割

行政・地域・地域おこし協力隊、この3者の関係において、行政担当者の役割は地域と地域おこし協力隊の間を取り持つ調整役と理解して良い。 地域住民と地域おこし協力隊のそれぞれから状況を聞き取り把握する。 場合によってはお互いに直接言えないことなどを代わりに伝えたり、事前に根回ししたりする。