信頼関係

地域

30任期後の話ができて初めて信頼関係が築ける

「お互いの仲は良いが、3年後の事について話をすることはほとんどない。」 地域おこし協力隊と行政担当者において、この関係であることが非常に多い。 そして、この関係はたちが悪い。 一見すると、地域おこし協力隊と行政担当者のコミュニケーションは上手くいっているようで、実は中身の無いものであるからだ。
地域

12信頼関係は事前の根回しとキーパーソン紹介から始まる

信頼関係作りは受け入れ準備から 地域おこし協力隊が活き活きと活動し、地域に貢献していくうえで絶対的に必要になるのは、地域おこし協力隊と行政担当者との信頼関係である。 地域おこし協力隊は活動するにあたり、予算や活動計画等、行政担当者と共につくりあげていく。